MacBookAir購入しました!仕事のメインマシンに最適&レビュー


新しいMacBookが登場しましたね!2015年3月SPイベント

001

新しいMacBookが登場したね!
めちゃめちゃ、かっこいいです。

必要はないのですが、欲しくなってしまいます(^^)

特にファンレスというのがいいですよね。
(内部冷却用の送付器ファンが組み込まれていない)

MacBookAirでいうと、
割とすぐにファンが回り、ファンの騒音がうるさく感じます。

例えば、
スカイプ会議などで録音している場合です。

会議開始10分ぐらいで、すぐにMacBookAirのファンが回り始め、
録音した会議内容がかき消されるほどの音で、とても残念に思っていました。

テレビの砂嵐のような「ザーーーー」という
ファンの音が大きく録音されてしまうんですよね。

なので、どれだけファンレスになればいいのに、
っと思ったことか。

価格は約15万円と19万円

002

やはり、基調講演やApple公式サイトでは、
ゴールドが一押しになっていますので、ゴールド人気になるのでしょうか。

シルバーだと、
今までの色と変化がないので、新しいMacBookならではの色といことで、
ゴールドが欲しくなってしまいますよね。

ゴールドはそんなに好きではないですが、買うならゴールドにしたいと思ってしまいます。

apple01

24%も薄くなった!

apple03

あの薄いMacBook Airと比較しても、
なんと24%も薄くなっているという、新しいMacBook。すごく薄いですよね。
かっこいいです!

apple02

新しいキーボード

apple04

使っていて一番多く触れるところは、キーボード。
そのキーボードを全く新しくデザインしなおしたということです。

どんな風に新しくなったのでしょうか?

バタフライ・キーボード

apple05

旧式のキーボードは、
プッシュした際に、キーが傾くのでタッチ感が悪くなっていたそうです。

バタフライ方式は、
キーの端をプッシュしても、キーの面全体が水平に沈むので、
キータッチがし易いということ。

こういう、こだわりを聞かされると、
そのキーボード感触を試してみたくなってしまいます。

12インチ・Retinaディスプレイ

apple06

ディスプレイサイズは、12インチ

apple07

Retinaディスプレイということです。

apple08

2,304×1,440ピクセルの解像度。

ロジックボードは67%の大きさに

apple10

ボディはアルミで、
ユニボディだと言っていましたね。
つまり、アルミの塊を削りだししている。

apple11

ロジックボードの大きさが、MacBook Airと比較しても、
67%とダウンサイズに成功しているようです。

白い外枠が、MacBook Airのロジックボードの大きさですが、
ずいぶんと小さくなったのが、ひと目でわかります。

すごいです!

apple12

ボディ容量のほとんどが、バッテリーで埋め尽くされる。

apple13

旧来は、バッテリーをボディの内容にマッチさせる事ができなかったので、
隙間があっても、バッテリーを詰めこないということがあったようです。

新しいMacBookは、
バッテリーをシート上にすることに成功し、
何層もの異なるバッテリーシートを使うことで、
無駄なくボディ内部の隙間にバッテリーを行き渡らせることに成功。

バッテリー持続時間に貢献しています。

USB-C搭載

apple15

ずっとウワサされていた、USB-Cの搭載が実現されました。

USB-Cはマルチ端子と言われ、
USB/ディスプレイ/HDMI/VGA/電源をすべて一つのUSB-Cで動かすことが可能なようです。

素晴らしいですね!

まとめ

MacBook Airの置き換えで、
新しいMacBookの登場かと思ったのですが、そうではないようです。

現状では、
新しいMacBook、MacBook Pro、MacBook Airの3本柱ということ。

カバーする価格帯の問題で、MacBook Airを残しているのかもしれませんね。

Apple Storeオンラインで新しいMacBookを見る
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 


 






コメント: 1

 
 
 

新しいMacBookが登場しましたね!2015年3月SPイベント – http://t.co/5zsp4HXSuX

 
 

-