MacBookAir購入しました!仕事のメインマシンに最適&レビュー


IGZO搭載のMacBookAirは2014年に登場か

dscn10291
9to5mac.comによると、IGZOディスプレイ搭載のMacBook(Pro or Airは不明)は、
2014年に登場するということです。

2013年モデルのリフレッシュ時には、IGZO搭載かという噂が出ていましたが、
結局見送られてしまいましたよね。

シャープ:IGZO

シャープ:IGZO

次の2014年モデルでは、いよいよIGZOになるらしいです。

IGZOの利点は幾つもありますが、上部写真のように、ディスプレイの枠となるベゼルが細くなるのがいいですね。
2mm以下に抑えることが可能で、同じ筐体であってもディスプレイ解像度をアップする事が可能となります。

また、既存LCDディスプレイの1/5〜1/10省電力と言われる、エネルギー効率が良くなるのは、
バッテリーが更に長持ちになるので、ユーザーに取っては嬉しいです(^^)

2013モデルで飛躍的にバッテリー持続時間が伸びましたが、IGZOでさらにバッテリー持続が長くなる可能性があるということでしょう。
ただし、レティナを搭載するとあまり変化がないかも、とか全体のバランスによりますよね。

また、IGZOは描写速度の反応が良いとういことで、より快適な操作が可能になるでしょう。

OSX10.9もパワーマネジメントを新たにブラッシュアップして、省電力に磨きをかけているので、その相乗効果でどこまで使い勝手が良くなるのか、非常に楽しみです。

やはり、持ち歩くとなるとバッテリーの持続時間は大事ですからね。

シャープとAppleでIGZOに関して、色々と協議し問題解決に一緒になっているようです。


 






いただいたコメント

コメントはありません

-