MacBookAir購入しました!仕事のメインマシンに最適&レビュー


ASUS31.5インチ4KモニターIGZOで3840ピクセルはOSX10.9でサポート

台湾の周辺機器メーカーASUS(エイスース)から4PCモニター「PQ321」が発表されましたね。
シャープのIGZO搭載ということです。

PQ321

解像度は、横3,840ピクセル、縦は2,160ピクセルというすごい解像度。

ちなにみ最近よく耳にする「4K」って言葉の意味をよく知らなかったので調べてみました。

「4K」解像度と呼ばれるもので、「横4,000ピクセル×縦2,000ピクセル」に対応した映像を出力できる企画の総称、ということです。

なるほど!
4Kには2種類あるようです。

・DCI 4K:4,096×2,160ピクセル
・4K UHDTV:3,840×2,160ピクセル「PQ321」

LEDバックライトを搭載し、アスペクト比は「16対9」世界で最も薄い4Kモニターとのこと。

私は現在を使っています。DELL29インチのウルトラワイドですね。
横2,560ピクセルで4万円の商品って他に選択しがないので、気に入っています。

でも、「PQ321」の3,840ピクセルってどれだけ広く感じるのか体験してみたいですね(^^)
価格は未発表。

価格とMacへの対応は?

色々な情報があるようですが、20万円を下回ってくるのではないか?っと言われています。
IGZOですから、発色もキレイなのでしょう。

MacBookAirをはじめ、現行のMacでは横2,560ピクセルまでしかサポートされていないので、
MacBookの外部ディスプレイとしては、使えないですね。

ハードウェア的には、MacBookAirの次期モデルから搭載されるというインテルの「Haswell」内にある「Graphic HD 5000」は、4K出力をサポートしています。

OSでの4KMac正式サポートは、OSX10.9からOK!っということらしいです。
OSX10.9

いずれのしても、Macの次期モデルが登場してから使えるようになる、ということになります。
資金に余裕があれば、購入してぜひレビューしてみたいです。

ソース元:engadget.com


 






いただいたコメント

コメントはありません

-