MacBookAir購入しました!仕事のメインマシンに最適&レビュー


出張の多いサラリーマンはMacBookAirの選択が正解と思う

macbook-air
chiebukuroYahoo!知恵袋などを見ていても、出張用にMacBookAirを検討している人を多く見かけます。
否定する人も結構多くいて、わざわざMacを使う必要はないのでは?というものです。

でも、質問しているご本人は、MacBookAirをどこかで見かけて、かなり興味を持っている場合が多いのも事実です。
つまり、背中を押してもらいたいんですね。購入するのに。

あれだけ薄くて、人前に出してカッコイイと思ってもらえて、起動が早く使いやすいノートPCは他に代替が無いのでは?と思わせてくれるところがMacBookAirのすごいところです。

しかも、WindowsとMac両方とも起動できますから、便利です。
やはり、iPhoneやiPadで快進撃を続けているAppleという会社を最近目の当たりにして、そのパソコンに興味を惹かれる人は多いでしょう。

同じ事ができるのであれば、多少高くてもクールな製品を使いたいと思うのは当然と思います。

MacBookAirは今までのマシンと違う

今まではスペックの高いものがスピードが早くて快適とされていました。
それをひっくり返したのが、MacBookAir。

CPUからしても、決してスペックは高くありません
しかも、USB2口しかないですし、Wi-Fiメインなので有線イーサネットケーブル口もありません

こんなにすごく割り切ったマシンって無いですよね。

バッテリーも長持ち

でも、低スペックなのに、Macの中で一番速いといわれるほど、起動が早くもちろん、スリープからの復帰も速い。
そして、こんなに薄いボディなのに剛性ユニボディのため強く、パワーマネジメントがバッチリできているため、バッテリーの持ち時間が長い。

MacBookAirとProを比較すると、Proはせいぜい2時間超えるぐらい。
普通のWindowsマシンも同じでしょう。

でも、MacBookAirはProと同じ事をしても3時間半~4時間のバッテリー持続時間があります。
これってすごいですよね。
images

使う用途を選ぶパソコンなので、用途がマッチしていれば世の中に代替品は存在しないと思わせるMacBookAir。

私はメインマシンでiMacからの買い替えなのに、もうそれはめちゃくちゃ快適です。

本来であれば、デスクトップ機のiMacの方が仕事のメインマシンでは快適なはず。

つまり、言いたいことはそれぐらいMacBookAirのバランスの良さが使い心地に表現されているということです。
持ち運びが多いサラリーマンの出張用にピッタリですね。

この薄さと軽さ、かっこ良さはピカイチだと思います。


 






コメント: 1

 
 
 

-