MacBookAir購入しました!仕事のメインマシンに最適&レビュー


静止画像のキャプチャ画像撮影方法

動画画面のキャプチャはそんなに必要とする機会がありませんが、静止画の画面キャプチャは日常的に行なっています。
このブログでも、画面のキャプチャは沢山使っています。

画面キャプチャにソフトをインストールしますか?

そんな必要はありません。
そのままのOSXでもキャプチャ機能は標準でありますから、心配ないです。

スクロールしてキャプチャ

para例外としては、スクロールしないと全体が見れないウェブページ
これは、専用ソフトが必要です。

私はPaparazzi!!を使っています。
これ、めちゃ便利。

Paparazzi!はブラウザとしても動作しますので、Paparazzi!でログイン画面からログインすれば、
パスワードでログインした管理画面内でも、画面キャプチャの保存が可能です。

それはさておき。
画面キャプチャのやり方は2通りです。

画面キャプチャ方法

1、見ている画面全体をキャプチャ:⌘+Sift+3(全角のキーボード)
2、カーソルで選択した部分のみをキャプチャ:⌘+Sift+4(全角のキーボード)

全画面キャプチャ

1は、キーボードの「コマンドキー+シフトキー」両方をプッシュした状態を保持します。
次に、キーボード数字の「3」をシャッター替わりにプッシュ

これで、画面全体のキャプチャが保存できます。
特に設定をおこなっていなければキャプチャ画像は、デスクトップに保存されます。

カーソル指定エリアキャプチャ

キーボードの「コマンドキー+シフトキー」両方をプッシュした状態を保持します。

ここまでは、1番と同じ。
シャッター替わりのキーボードは、数字の「4」です。

4をプッシュするとカーソルが矢印から「+」に変わります。
選択範囲をドラッグで指定してください。

ドラッグをリリースすると、キャプチャが保存されます。
簡単ですね。

※注意点
シャッター役の数字3又は4につていは、テンキーではない数字を使ってください。(キーボードの画像参照)
テンキーでは動作しません。

キーボードの上部に横一列に並んでいる数字のことです。

キャプチャ画像保存場所変更

TinkerTool3tinkertoolなどの設定ソフトをインストールすると、
キャプ画像の保存先を変更したり、キャプチャの画像をjpgやpdfに変換して保存することも可能です。

標準ではpng形式にて保存されます。

キャプチャを沢山撮影すると、デスクトップがキャプチャ画像で散らかりますので、指定フォルダに保存したほうが作業しやすい方は、上記ソフトを使うと良いでしょう。


 






いただいたコメント

コメントはありません

-