MacBookAir購入しました!仕事のメインマシンに最適&レビュー


MacBookAirのUSBポートをギガビットイーサネットに変換

usbMacBookAirは、イーサネットポートが最初からありません
Wi-Fiオンリーの使い方を想定しているから、かなり割り切った機種となっています。

このあたりを気にされるなら、MacBookProが選択肢となるでしょう。
でも、USBポートをギガビットイーサネットへ変換するケーブルが販売していますので、Amazonで購入しました。

バッファロー製を購入

USB2.0からギガビットイーサネットへの変換。
MacBookAirはUSB3.0ポートなので、ケーブルもUSB3.0対応が良いのですが、そのようなケーブルは売っていません。

>>BUFFALO Giga対応 USB2.0用 LANアダプター LUA3-U2-AGT

バッファロー製を購入

早速試してみました。
結果、あれ?遅い?

http://www.musen-lan.com/speed/
・測定日時: 2012/12/22 19:13:07
・NTTPC(WebARENA)1: 72.6Mbps (9.08MB/sec)

だいたいどこのサイトで測定しても同じような結果になります。
おおむね70Mbpsといったところです。

以前使っていたiMacと比較してみましょう。
illust3791
iMac2011(Mid)  91Mbps
MacBookAir2012 72Mbps(変換ケーブル)
MacBookAir2012 17Mbps(Wi-Fi時)

iMacよりも遅い。なぜだ?

回線はiMacの時はフレッツ光ネクスト(200Mbps)で、今はハイスピード隼(1Gbps)になっているのに!

調べてみました。

Amazonのクチコミに同じ症状の人が!

USB2.0は480Mbpsなので、USBがボトルネックになっていることはありえない。
いったいどうしたものか。

Amazonのレビューを見ると同じ人を見つけました!
どうやら、このバッファロー製変換ケーブルが原因でスピードが出ないようです。

この方もあらゆる速度測定サイトで計測して100Mbps以上は速度が出ない、と書いています。
パソコンで使っておられたようで、PCIボードを変えたら180Mbpsという速度になったとのこと。

なるほどぉー。

買ってしまったものは仕方ない。
しばらくこれで、我慢することにするか。


 






いただいたコメント

コメントはありません

-