MacBookAir購入しました!仕事のメインマシンに最適&レビュー


MacBookAir11インチと13インチ比較!どちらを購入するべきか?

MacBookAirとMacBook Proの比較では、意外と簡単にAirに軍配があがりました。
最初はどうしようか、迷いましたが、割とすんなりAirに決まりました。

・見た目のキレイさ
・取り出しやすさと、持ち歩きやすさ
・価格の安さ


Proの場合ハードディスクマシンだとお安いのですが、爆速のSSDスピードを求めていて、ある意味そこが一番の目的
なので、ハードディスクはありえない

ProをSSDにすると、バカ高くなってしまう。
予算があれば、Proを選択したかもしれませんが、今回はAirに決まりました。

さて、Airでも11インチと13インチ、どちらにするのか?
っということです。

SSDの容量は最下位モデルの64GBは少なすぎるので、論外です。
サブマシンなら良いのでしょうが、今回私が求めているのはメインマシンとしての機能。

自然と128GBモデルになります。

2つのモデルを比較

その128GBモデルをアップルストアの価格で比較してみましょう。

・11インチ:94,800円
・13インチ:102,800円

ちょうど、差額8,000円です。
この8,000円差で11インチにするのか・13インチにするのか?ということになります。

でも、違いはまだあります。

▼11インチ
モニター:1,366×768(16:9)
CPU:デュアルコア1.7Ghz
SDカード:なし

▼13インチ
モニター:1,440×900(16:10)
CPU:デュアルコア1.8Ghz
SDカード:スロットあり

MacBookAir 11インチ 13インチ
モニター 1,366×768
(16:9)
1,440×900
(16:10)
CPU デュアルコア1.7Ghz デュアルコア1.8Ghz
SDスロット 無し
アップルストア 94,800円 102,800円
価格.com 66,122円 75,380円

※価格.comは、2012年12月13日 1時08分現在
私が購入した時の価格は、74,795

1、モニター

外部ディスプレイを使えば、Airのモニターは小さくても関係ないです。
持ち歩いている外出先でのみ、関係あることになります。

でも、サブディスプレイとして考えた時には、なるべく大き方がいいということになります。

ディスプレイ

また、外部ディスプレイへ出力した際、16:9よりも、16:10のほうがより多くの選択肢が増え、縦横比に苦労することなくディスプレイに接続できます。

16:9アスペクト比だと、表示がマッチしないモニターがあるかもしれません。

2、CPU Core i5

サブマシンならば、特に気にしませんが、メインで使う以上は少しでも数字の大きなほうが良い
そう考えました。

メインマシンということは、当たり前ですがすべての仕事をこのマシンで行うわけですから、パワーに余裕があったほうが好ましいというか、安心です。

3、SDカードスロット

128GBという容量はハードディスクの500GB~1TBと比較すると、とてつもなく少なく感じます。
まぁ、ほとんどのデータは外付けにいれたままにするので、ほぼ大丈夫なのですが、不安もあります。

そんなこともあり、SDカードが使えると、8GBや16GBあるいは、32GBというSDを挿して補助的に使えるので便利かなと思い、ないよりも有るモデルを選びたいと感じていました。

13インチを購入することに決定!

以上で、もうお分かりかと思いますが、13インチに決定しました。

補足ですが、アップルストアの価格だと11インチと13インチは8,000円差額でした。
ところが、実際に購入を決定した価格.comでみると、11インチと13インチの差額は、約7,000円程度でした。

わずか7,000円ならば13インチを選びますよね。


 






いただいたコメント

コメントはありません

-